お茶を入れること。(過去のブログより)

 

以前から子どもがお茶を入れることを家でしていました。
これは、モンテッソーリ教育の中にはないのですが、
私が家で実践していたことを形にしてみました。
スタッフの協力のおかげで
ちょうどよい急須とお茶缶が見つかりました。
持ちやすいので、子どもたちも
大絶賛。
どうして、このお茶セットを紹介したかったかは、
モンテッソーリ教育の目線から、
スタッフが細かく書いてくれていますので、
ブログをご覧ください。↓に貼りつけます。
 

あおちゃんも、このお茶を入れるのがとても好きで
「何かお手伝いしたい~」と言っても
何もない時。
お友達が遊びに来た時や
お父さんが早く帰ってきた時等
「お茶を入れてもらえるかな。」と言うと
喜んで入れてくれます。
 

砂時計で時間を計っています。
 

「最初から最後まで一人で」を実現できるアイテムの一つです。
子どものペースに合わせて
入れさせてあげてください。
 

夏に新調した急須を出してきて
今でもはまっています。
 

冬の時期だけいつでも入れられるように、
こうして机の上にお盆にのせて出しています。
そうそう。そもそも、どうして小さいうちからこんなことを
するのが大切なのか。。
よく聞かれますし、私も疑問に思ったことがありました。
それを詳しく書いてくれています。
↓スタッフのブログ
                         2017年11月の過去ブログより

投稿を作成しました 19

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る