お菓子作りを楽しむための環境づくり

【1】お菓子作りを楽しむためにしたこと

子ども達に「やる気になってもらう」「挑戦してもらう」ためにしておくと良いことは、

環境づくりだと常々思っています。

環境をどうやって作ったらよいのか、とても難しいことのように思いますが、

子どもの使いやすい場所に、使うものが揃っているとよいのではないでしょうか。

考え方によっては、全部揃えなくてもよいこともありますが、

スムーズにする一つのポイントでもあると思います。

一番良いのは、子どもの動線を頭の中や紙にシミュレーションしてみることだと思います。

 

環境づくりの簡単な手順を書いてみました。

『①使うものを集める』

例えば、クッキーを作る時クッキングシート、混ぜるためのミキサー、ヘラやバット・・・

それらを1か所に集めます。

 

『②使いやすく分ける』

モンテッソーリ お菓子作り 収納

道具を長さ別に、大きさ別に分けていきます。

 

クッキーの型抜きは小さいケースにまとめる。

クッキングシートなどは長いケースに。

 

『③冷蔵庫に入れるもの以外は全て置く』

袋はどこ?

ゼラチンはどこ?

クルミなどのナッツは?と聞く回数が多いと、親子で疲れてしまいます。

こちらに全てをそろえると、動きやすくなります。

我が家ではゼラチン、袋が開いていない小麦粉やココアパウダーなども置いています。

 

【2】準備ができたらすぐ実行ではなく、子どもとのペースを大切に

 

準備をする=実行!のように思います。

せっかく準備したのに、なかなかしてくれない。

などとやきもきするのも、本末転倒です。

これらの準備は「いつか子どもが願ったときにすぐに実行するための準備」でもあります。

子ども達には、必ずしてみたいという要望があります。

それを待つか、機会を見て誘いかけてみるとよいと思います。

 

我が家の場合は、娘がおなかがすいた時に「クッキーを自分で作って食べるって方法もあるんだよ」と

誘いかけてみました。

 

モンテッソーリ お菓子作り 収納

【3】我が家は収納場所が極狭です

我が家は収納が少ないうえに、仕事道具もたくさん置いているので、実際家の半分くらいしか使えていません。

収納もかなり工夫しないと、すぐにいっぱいになってしまいます。

 

そんな中で、お菓子作りのための場所なんて。

でも、意外とスペースは作れるものです。

使わなくなった道具を別の場所に移し、入替えをすることで案外上手く収まります。

※今までは、使っていない幼児期のお弁当グッズや、袋が何枚も入っていました。

使っていないのに、遠足もコロナウイルスの影響でなくなっているのに、なぜ入っているんだ?

と移動させているうちに、全てのお菓子道具が入りました。

 

まずは、準備から。

それを毎日大切にしています。

 

モンテッソーリ教育 小学生のキャンプ

 

 

 

子ども向けレッスンボタン

 

 

 

 

 

 

 

投稿を作成しました 24

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る