世界地図の学び

 

つばめの家オリジナル世界地図

【1】世界地図で子どもたちの視野の広がりを

幼児期~小学生のお子様の学びにちょうどよい教材「世界地図」の販売をスタートしました。

教室では、年長さんになるとこの世界地図を自分たちで作成します。

まずは、地球上の7大陸を学びます。

地球は海と陸でできています。長い年月を経て今のように海と緑あふれる大陸が存在します。

太陽からの位置など奇跡が重なり、私たちが今ここに存在することができます。

地球のこと、地球に存在するもののことをまず知ることから、私がどのように生きていくか、私たちの役目を知ることができます。

子ども達は小さいながらに、多くの事を感じ考えるようになります。

子ども達の世界への視野の種をまいてほしいと思い、この教材の販売することに致しました。

 

【2】手を動かして学ぶ

つばめの家オリジナル世界地図

幼児期や小学生低学年の子どもたちに、まず初めに話をします。

この話が大切なポイントになりますが、話をするだけではなかなか理解できないこともあります。

そこで、実際に写真や地球儀を見せたり、このように手を動かして教材を自分で作っていくことで

より学びが深まっていきます。

 

【3】多角的な学びから

つばめの家オリジナル世界地図

この教材は、まずは形をかたどり、次に海と大陸の色を塗り、そして名前を付けていきます。

名前は付属の名前カードをつけてもいいですし、このように鉛筆で書いてもよいです。

形をなぞりながら、大陸の大きさや形を感じ、また色を塗ることで、より鮮明にはっきりと各大陸を浮き彫りにしていきます。

そして、自分の字で書くことによって 「名前」を知ったり覚えたりします。

国語でもあり、社会でもあり、理科でもあり、芸術でもあり、多方面からの学びができるところがモンテッソーリ教育の良いところです。

白地図は3枚ありますので、3回作成できます。

一枚目は名前の紙を貼り、2枚目からは手書きにチャレンジしてみてください。

 

【4】出来上がったものは見えるところに

つばめの家オリジナル世界地図

子ども達は、自分の作った物に誇りを持っています。

特に頑張って仕上げたもの、心を込めて作ったもの。

それを見えるところに貼ることによって、より自信をもって前に進むことができます。

時には「貼りたくない」「うまくいかなかった」と思うような時もありますが、それでも作ったものには変わりありません。

大人の方が「出来上がった作品を ここにはりましょうか」とまず尋ねてから貼ってあげるとよいかと思います。

もしお子様が「貼らないで」ということがありましたら、貼らなくてもよいかと思います。

お子様には大人の想像とは違うところで「思い」が存在します。それを思い切って受け入れることで見えることもあります。

 

【5】教材の内容はこのようなものになります

つばめの家オリジナル世界地図

①世界地図1枚

➁白地図3枚(3回作成できます)

③なぞれるための型紙

④海と大陸の名前付け用の紙

⑤大人の方のための説明本(つくり方だけでなく、進め方も記載しております。よりよい学びとなりますように。)

 

【6】まずは世界地図を貼るところから

作ることばかりに目が行きがちですが、まずは「見ること」も大切です。

視覚的な学びは幼少期には欠かせない学びの一つでもあります。

作る前に、目の届くところに貼ってあげて下さい。

家の中に貼っても おしゃれな世界地図を目指してデザイナーさんに作成してもらいました。

是非ご活用下さい。

 

以上の商品は つばめの家オンライン より販売しております。

他にもすぐに手に取れる 絵の具セット恐竜のぬいさしなども新商品としてアップしております。

是非ご覧ください。

 

モンテッソーリ教育 小学生のキャンプ

 

 

 

子ども向けレッスンボタン

 

 

投稿を作成しました 24

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る